新配列習得前覚え書き6(日本語思考と直結したキーボード配列とは)

管理人の救いようのない愚かさを知ると自分がまだマシだと分かって元気が出るブログ

◆同カテ(パソコン(その他))前後記事◆
2012.09.18 新配列習得前覚え書き7(「NICOLA配列」は現代に即しているのか) はてなブックマーク - 新配列習得前覚え書き7(「NICOLA配列」は現代に即しているのか)
2012.09.18 【現在地】 新配列習得前覚え書き6(日本語思考と直結したキーボード配列とは)
2012.09.17 新配列習得前覚え書き5(人によって必要な文字入力速度は違うと思う) はてなブックマーク - 新配列習得前覚え書き5(人によって必要な文字入力速度は違うと思う)
--年--月--日(--) --時--分--秒

スポンサーサイト

  • | カテゴリー:スポンサー広告 |
  • | タグ:なし |
  • | コメント(-) | トラックバック(-) |
  • | ブックマーク:このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年09月18日(火) 13時00分00秒

新配列習得前覚え書き6(日本語思考と直結したキーボード配列とは)

前の記事:新配列習得前覚え書き5(人によって必要な文字入力速度は違うと思う)

前回の記事で「人によって必要な文字入力速度は違うのではないか」ということを書きました。

これは「飛鳥カナ配列」の練習をするために「タイプウェル」を起動させて、約2年前に自分が「タイプウェル」での練習を一時的にやめた理由を思い出したので書いた記事です。

そのあと「はたして『飛鳥カナ配列』は日本語での思考と直結したキーボード配列なのだろうか」という考えがふと浮かびました。

「高速に文字入力するためのキーボード配列」という考えに必ずしもしばられることがなくなり、考えに余裕ができたためこのようなことを考えたのかもしれません。

自分の場合、別の視点でキーボード配列を選ぶほうがよいのではないかと思ったのです。

そして、その別の視点として自分が考えたのが「日本語での思考と直結するキーボード配列」というものでした。

以下、記事の続き↓

「日本語での思考」と「文字入力」を近づける

タイピングにある程度習熟すると、「あ」や「い」などと特に意識せずとも文字入力できるようになります。

そのレベルになると頭の中で日本語で思考することに意識を十分に向けることができます。

そう考えると、「日本語での思考」と「文字入力」の“距離”ができるだけ近いほうが何かといいのではないかと思うのです。

それで、自分なりに“距離”が近いキーボード配列について考えてみました。科学的な知識がないのであくまでも自分の経験に基づくものです。

「(子音+)母音」(「ローマ字入力」など)

日本人の多くが使っているであろう「ローマ字入力」。「ローマ字入力」にもさまざまな種類があるのかもしれませんが、ここでは一般的な「ローマ字入力」について考えてみます。

これについてはやはり違和感があります。

日本語で思考して日本語を入力する間にローマ字が入るため、余計な作業が増えて思考と入力が直結してないように思えます。

それに入力する文字数と打鍵数にかなり差があるのも気になります。

「1文字1動作」(「NICOLA配列」「飛鳥カナ配列」など)

1文字入力するために1回の動作をするタイプのキーボード配列。これだと直接日本語を入力するために「ローマ字入力」より直結している感はあります。

また、原稿用紙で文字を書いていたものをそのままパソコンに置き換えたとも見ることができます。

原稿用紙で文字を書くことに慣れていて用紙に文字を書くことと思考がつながっている人にとっては、このタイプがよいのかもしれません。

しかし、よく考えてみると、原稿用紙に書くときは漢字は直接漢字で書きます。ひらがなで書いてからそれを漢字に直す作業はしません。

そう考えると、「そのままパソコンに置き換えた」ともそれほど言えないのだなと思えてきました。

「1音1動作」(「新下駄配列」「蜂蜜小梅配列」)

自分の中で今のところ一番しっくりくるのがこのタイプ。

ひらがなは音節文字(表音文字)です。

古くからある俳句や川柳、短歌は文字数ではなく音(拍)で考えます。

「語感」にも音は大きな影響を与えます。

文字入力するときのテンポに一番近いのもこのタイプだと思います。

そもそも「新配列習得前覚え書き」という一連の記事を書くきっかけになったのは、「NICOLA配列」が「拗音」を1動作で打てないというところからでした。

それだけにこのタイプのキーボード配列がとても気になります。

「新配列習得前覚え書き6(日本語思考と直結したキーボード配列とは)」まとめ

実際、科学的にこのあたりの答えは出ているのでしょうか。

「NICOLA配列」に変えたときに「ローマ字入力」では得られなかった思考と文字入力の“直結感”みたいなものがあったのを覚えています。

また、文字入力に思考が影響されるような感覚もありました。

これはやはり「直接日本語で入力する」ということがそのような経験をさせたのだと思います。

そう考えると、より思考と入力が近い関係にあるキーボード配列のほうがお互い好影響を与えるのではないでしょうか。

そして、それは結果的に人にやさしいキーボード配列になるようにも思えます。

次の記事:新配列習得前覚え書き7(「NICOLA配列」は現代に即しているのか)
◆同カテ(パソコン(その他))前後記事◆
2012.09.18 新配列習得前覚え書き7(「NICOLA配列」は現代に即しているのか) はてなブックマーク - 新配列習得前覚え書き7(「NICOLA配列」は現代に即しているのか)
2012.09.18 【現在地】 新配列習得前覚え書き6(日本語思考と直結したキーボード配列とは)
2012.09.17 新配列習得前覚え書き5(人によって必要な文字入力速度は違うと思う) はてなブックマーク - 新配列習得前覚え書き5(人によって必要な文字入力速度は違うと思う)
◆同カテ(パソコン(その他))前後記事◆
2012.09.18 新配列習得前覚え書き7(「NICOLA配列」は現代に即しているのか) はてなブックマーク - 新配列習得前覚え書き7(「NICOLA配列」は現代に即しているのか)
2012.09.18 【現在地】 新配列習得前覚え書き6(日本語思考と直結したキーボード配列とは)
2012.09.17 新配列習得前覚え書き5(人によって必要な文字入力速度は違うと思う) はてなブックマーク - 新配列習得前覚え書き5(人によって必要な文字入力速度は違うと思う)

コメントの投稿

投稿用フォーム
 ※必須
 ※必須
※いただいたコメントに回答できない場合(一例:コメント数が多い場合)があります。
※コメントを削除する場合(一例:URLに青少年の閲覧にふさわしくないWebサイトへのリンクを含む場合)があります。
※IPアドレス、ドメイン、その他情報を公開する場合(一例:不適切なコメントをする訪問者がいた場合)があります。
管理者にだけ表示を許可する

※管理人が承認したコメントのみ表示されます。

ページ上部▲ |

◆同カテ(パソコン(その他))前後記事◆
2012.09.18 新配列習得前覚え書き7(「NICOLA配列」は現代に即しているのか) はてなブックマーク - 新配列習得前覚え書き7(「NICOLA配列」は現代に即しているのか)
2012.09.18 【現在地】 新配列習得前覚え書き6(日本語思考と直結したキーボード配列とは)
2012.09.17 新配列習得前覚え書き5(人によって必要な文字入力速度は違うと思う) はてなブックマーク - 新配列習得前覚え書き5(人によって必要な文字入力速度は違うと思う)
送信用URL
※当記事へのリンクが本文中にないトラックバックは受け付けることができません。
※トラックバックを削除する場合(一例:青少年の閲覧にふさわしくないWebサイトからのトラックバックの場合)があります。
※IPアドレス、ドメイン、その他情報を公開する場合(一例:不適切なトラックバックをする訪問者がいた場合)があります。

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

ページ上部▲ |

トラックバック

ページ上部▲ |

◆同カテ(パソコン(その他))前後記事◆
2012.09.18 新配列習得前覚え書き7(「NICOLA配列」は現代に即しているのか) はてなブックマーク - 新配列習得前覚え書き7(「NICOLA配列」は現代に即しているのか)
2012.09.18 【現在地】 新配列習得前覚え書き6(日本語思考と直結したキーボード配列とは)
2012.09.17 新配列習得前覚え書き5(人によって必要な文字入力速度は違うと思う) はてなブックマーク - 新配列習得前覚え書き5(人によって必要な文字入力速度は違うと思う)
Copyright(c) 2007- 未来の記憶たち - Futures Memories
掲載された情報を利用するかどうかの最終判断は、その情報を得たお客様ご本人にございます。掲載された情報の利用により発生したトラブル・損害に対して、当Webサイト管理人は一切の責任を負えませんのでご了承ください。
当Webサイトのご利用方法など詳しくはヘルプにて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。